精神科医療の身体拘束を考える 緊急院内集会

201806181714079c3.jpeg

「身体拘束」が増えていく社会は健全か?


そのような中、人が人を縛る身体拘束が行われる。縛られる人が「はい、どうぞ喜んで縛ってください」などということは通常考えにくい。抵抗するのは当たり前である。

しかし、この抵抗を医療の立場では「興奮」など何らかの症状と見立てることもあり得る。一時的に身体拘束を解除して再度身体拘束をすることも病院ではあるが、その際に患者が抵抗しないと病院内では「再拘束スムーズ」など記録して、あたかも患者が「いい状態」として捉えたりもする。しかし患者さんは、たんに諦めていたり、抵抗したりしたらまた身体拘束される時間が延びると思って無抵抗になっていたりもするのだ。

このように、「医療者」と「患者」は異なった地点にいることを直視しなければならない。そしてその医療者は患者の行動を「症状」として捉え、はたまた、静かにしていても身体拘束をする力を持っている。あとあとのために、記録さえしてあれば違法性は問われにくい。

さらに、医療者は、「理性」に対する過剰な信頼があるようにも思われる。「専門性の罠」と言ってもいいかもしれない。

人間の多様な様相を、「不穏」「多動」などの一言に落とし込み、それを根拠に身体拘束をしてしまうようなことが多く行われている。よって今後、国から身体拘束についての「ガイドライン」を作るなどという話が出てくることには最大限の警戒が必要だろう。私はそれにより多くの「犠牲者」が出ることになると予想する。




弟も石郷岡病院では9/15の入院から12月にトイレトレーニングのために保護室へ移動するまでの間ずっと拘束されていました。
上記の長谷川教授の仰る通り、拘束中に嫌がると「抵抗す」「粗暴」扱いです。
裁判になればそれが「粗暴」の証拠とされてしまう。
石郷岡病院は、拘束中の患者は全員“オムツ姿”でズボン等も履かせない。
オムツ姿で四肢拘束をされている患者に尊厳はないに等しい。

石郷岡病院での体験談募集しています

某マスコミからです。
石郷岡病院に入院経験のある方、虐待を受けた方などの体験談を募集しているそうです。
私から先方へ連絡しますので、取材可能な方、お心当たりのある方は下記メールアドレスへご連絡をお願いいたします。

aicchi-ishigookahigai@memoad.jp

上記メールアドレスは、今回のために作ったものですので、体験談、取材以外の連絡はできません。

・石郷岡病院へ入院していた時期
・虐待や酷いと思われる内容(またわかる方は、スタッフの名前)
・被害に遭った方(ご本人・ご家族など)
などお書き添えください。

ここではマスコミの名前は出せません。取材可能な方へはマスコミ名を明かします。
理由は、妨害で企画が潰される可能性があるからです。


ご協力宜しくお願いします

ご心配をおかけしております

暫く更新せずにいたら、色々な方からご心配のメールをいただいてしまいました。
私そして家族の体調はだいぶよくなっております。
ご心配ありがとうございます。

本日、パソコンが本当に壊れてしまったようで、電源を入れても真っ黒で何も写らない状態ですので
パソコンの本メールにいただいたメールについても現在、返信ができない状態になっています。
本メールでのやりとりをしていた方々には、ご理解をお願いいたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
因みに今はiPadから投稿しています。
iPadだと、パソコンに取り込んである画像資料の投稿ができません。
修理するか買い換えるか、暫く考えます。
伴い、暫くブログのコメント欄を閉鎖させていただきます。

iPadだとパソコンと違って、使い勝手が悪く文字変換もなんだかな〜で、長文打つのも結構な手間で、不慣れです。

家族の件ですが、両親は快復しました。息子はまだ気胸が治っていませんが至って元気です。
ご心配ありがとうございました。
私のほうは、バセドウ病の検査の数値も安定し今のところ問題ありません。
ほぼ正常値です(TSHが低めですが。とはいえ、以前のように0.01以下などではなく、0.2まで改善)
ただ、副腎ホルモンの数値が高いようで再検査予定です。

ストレスも悪影響で、先月までブログ関係で嫌なことがいくつかあり、暫くパソコンに触れないでおこうと
起動しなくなったら壊れてしまったようです。

現在、警察のほうは動きなしです。
裁判の方もまだ準備書面段階で、弟の死亡に伴い、損害賠償請求額を変更したものを先日、裁判所に提出したところですので、ちょっと振り出しに戻った?状態です。(裁判所から改めて提出し直すように指示があり)
しかし、予定では年末〜年始に証人尋問が行われる予定です。
予定は未定ですので、まだ具体的に何も決まっていません。
警察含め、動きがあったら投稿します。ただ、全ての内容をお知らせできるわけではございません。
やはり捜査や裁判に支障のある事などは、記載できないからです。
いずれにしましても、今年はこれから色々動くはずです。

また日を改めて投稿いたします。
宜しくお願いいたします。

プロフィール

石郷岡病院事件被害者家族

Author:石郷岡病院事件被害者家族
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為だったとして田中被告無罪、菅原被告に暴行罪として、罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴→2018/3/9東京高裁にて控訴審(栃木力裁判長)の公判が始まる

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR