スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 障害年金不支給決定通知

2012年に申請していた、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構における障害年金の申請結果は「不支給」決定でした。

005.jpg
007.jpg


不支給の理由
本事例について、平生年1月の頚椎骨折により両下肢が完全に麻痺となっていますが、骨折前に頚椎が癒合しており、骨折しやすい状態であったと推測されるものの、提出された資料によると、頚椎骨折時の状況については請求者家族と医師とで意見が異なり、頚椎骨折に至る詳細な状況は不明であるため、請求時点での障害の状態が医薬品の副作用によるものかどうか判断できず、判定不能とせざるを得ません。
したがって、本事例の障害に対する副作用救済給付の対象とすることができません。





私(両親も)としては、骨折についての障害年金申請をしたつもりはなく、初めに投薬で副作用が起こったA病院~B病院で暴行を受けるまでの状態について、明らかに遅発性?ジストニアであるために、ジストニアについての申請したつもりだったのですが…
この点においては、最初に投薬したA病院院長も「薬剤性の副作用であると思う」と所見を述べている。またジストニアが発生し、治療を行った国立◯大附属病院でのレントゲン画像及び、事件の舞台であるB病院での状態、それから救急搬送時の私立◯大附属病院でのレントゲン画像からも継続してジストニアが発生していることは立証可能だと思ったのですがね。というか、ジストニアに関しては認められているようですが、事件の起きたB病院の医師との「意見が異なる」ために判定不能って…



正直、支給されると思っていたので痛いです。
現在、継続して入院中ですが、入院費が年金暮らしの両親には負担が大きすぎるし(月20数万円)
裁判の費用もかなり高額です。現状いただいているのは、特別障害者手当のみです。
勿論、相手の病院は入院費なども払うわけもなく、暴行した事実も全く認めず、病院としての責任も不知としており、徹底的に裁判で戦うようです(準備書面でも責任や事件に関して概ね「不知」であるとしています)


勿論、不服であるので異議申立てをします。

プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。