国連 人権委員会 UNHR

国連人権委員会(United Nations Human Right)



上記は当方弁護士が国連人権委員会に提出するレポートの詳細があります。
石郷岡病院の2准看護師に暴行されているキャプチャも添付されます。




石郷岡病院事件・T及びS准看護師の暴行場面キャプチャ








①石郷岡病院・S准看護師による、患者への頭部踏みつけ場面
10257604_886140738066596_8281269763561164166_o.jpg











②石郷岡病院・S准看護師による、蹴りつけ場面
10353365_886140678066602_3376157238959990597_o.jpg











③S准看護師による蹴りつけの結果、右顔面に挫創(石郷岡病院は弟が自ら床に顔を擦り付けたというが、ちゃんと証拠場面が残っている)
10371212_886140864733250_6290674534657456507_o.jpg





④右顔面の挫創は、このブログにアップすると削除されてしまいますが、上記URL及び私の植物ブログで掲載済みです。もしくは過去記事・読売新聞の記事にも白黒写真が掲載されています。

1907379_727087490642564_1298534757_n.png












日本の精神病院における傷害事件と虐待

池原毅和 弁護士






1 死に至った傷害事件についてのケース報告
2012年1月1日、保護室に隔離されていた強制入院中の30歳の患者が精神科看護師に頭を蹴られ踏まれたと。彼の頸部の骨が折れた。彼は首から下のからだが麻痺してしまった。2014年4月27日に彼はこの怪我により心肺停止状態になり、翌日死亡した。
彼は統合失調症と診断されていた。彼は2011年9月15日に強制入院させれ、9月22日に保護室に隔離拘禁された。その後4人部屋に入れられていたにもかかわらず、9月29日から12月5日まで身体拘束されていた。そしてまた12月5日に保護室に隔離された。

1月1日、おむつを替えるために2人の精神科看護が保護室に入った。彼を抑えこもうとしたが彼が抵抗したようだった。彼はもがいて彼の右足が二人の打ち一人の看護師の腹部にあたった。看護師は立ち上がり彼の頭部の方に歩いて行き、彼の頭部をけって踏みつけた。
彼は抗精神病薬の重大な副作用ジストニアに苦しんでいた。彼の首はジストニアのために収縮していた。顎を引いたような姿勢になっていた。看護師により彼は顔をあげさせられ踏みつけられたようである

一人の看護師が顔を踏みつけたようである。もう一人は彼の下半身を押さえつけていた。彼の頚骨はおれた。
1月2日彼の両足は麻痺した。彼は前のように保護室を歩きまわらなかった。彼は排尿障害を発症したようであり、これは頚骨損傷があると診断されうる典型的な症状の一つである。しかし病院職員は誰一人として彼の頚骨損傷の可能生について気にかけなかった。
1月3日彼の条しかし全てが麻痺した。彼は腱反射を失い、膝の反射アキレス腱の反射を失った。午前中遅くなってから彼は救急車で一般病院に移送された。移送先の一般病院の整形外科医は彼が頚椎損傷であり死の危機にあると診断した。彼はICUで治療された。
1月4日、彼は心肺停止状態になった。幸い回復したが、その後気管切開と気管カニューレ、そして経管栄養補給が必要となった。

2014年4月28日再び心肺停止になり、彼は36歳で死亡した。彼はこの障害事件以降ベッドから動くことすらできないままだった。

彼と家族は2013年に精神病院を告訴した。被告は看護師は彼の強い抵抗を止めようとして単に頭に足をおいただけであると弁明した。被告は患者は重篤な統合失調症により働くことはできなかったのだから収入についての賠償は要求できない、また同様に重篤な統合失調症ゆえに仮に怪我をしなかったとしても退院することはできなかったのだから、今後の病院の費用についても賠償要求できないと主張した。
この件を扱う裁判所は裁判の公開を躊躇した。警察は一度看護師を尋問したが、警察の捜査はほとんどされていなかった。権限のある当局はこのケースを調査しようとすらしなかった。
ほほ室内の監視カメラによって、看護師が患者の頭を蹴り踏みつけている状況がビデオに撮られていた。写真の1から2を参照。そして2人の看護師がけって踏みつけた直後患者の顔の地を拭こうとしていたことが映されている。
患者をみた整形外科医と医学部の整形外科教授の2人の整形外科医は一致して、このビデオを見て、1月1日から3日まで保護室内部において他の原因は発見できず、看護師によって蹴られ踏みつけられて頚椎損傷が生じたと判断した。
日本では精神病院における傷害事件や虐待がたくさん起こっている。国際法律家委員会が80年代後半と90年代に来日し、日本政府にたいして精神障害者の人権の保護と促進に対して効果的な行動を取るべきと勧告した。しかしそれ以降も精神病院における傷害事件と虐待の数は減っていない。


**************************************************************************************
レポート原文



Incidents involving Personal Injury and Abuse in Psychiatric Hospitals in Japan
Attorney at Law Yoshikazu Ikehara



1. Case Report on an Incident involving personal injury resulting in death in a psychiatric hospital
A thirty three year old involuntary inpatient who had been secluded was kicked stamped down on the head by a psychiatric nurse on January first in 2012. His cervical vertebra was fractured. His body under his neck was paralyzed. He went into cardiopulmonary arrest because of this injury on April 27th in 2014 and died the next day.
He had been diagnosed as having schizophrenia. He was involuntarily hospitalized on September 15th in 2011. He was locked into a seclusion room on September 22nd . He was restrained o his bed from September 29th to December 5th though he was transferred to a room for four inpatients during the period. He was secluded again on December 5th .
On January first two psychiatric nurses entered into his seclusion room to change his diaper. The two nurses tried to press down him and he seemed to resist against them. He struggled and his right foot hit one of the two nurses on the belly. The nurse stood up and walked toward to his head and kicked and stamped down him on the head.
He had been suffering from a gravely side-effect of antipsychotic drug, dystonia. His neck had contracted because of dystonia. His posture seemed to draw in his chin. He was turned face up and pressed down by the nurses.

One of the nurses stamped down him on the face. Another nurse pressed down him on the lower half of the body. Then his cervical vertebra was fractured.
On January second both of his legs were paralyzed. He did not walk around in the seclusion room as he had done before. He seemed to develop symptoms of dysuria, which one of typical symptoms that can be diagnosed as having a fracture of a cervical vertebra, during the day. However none of the staff of the hospital were concerned about probability of a fracture of his cervical vertebra.
On January third all of his arms and legs were paralyzed. He lost a deep tendon reflex, kneecap reflexes and Achilles’ reflections. A psychiatrist supposed that he might have a fracture of a cervical vertebra. He was transferred to a general hospital by an ambulance in that late morning. An orthopedic surgeon of the general hospital he was transferred diagnosed that his cervical vertebra had been fractured and he was dying. He was treated in Intense Care Unite.
On January fourth he went into cardiopulmonary arrest. He fortunately recovered however he needed a tracheotomy to use a tracheal cannula and a tube feeding afterward.

On April 28th in 2014 he died at the age of 36 after he had gone into cardiopulmonary arrest again. He had never been able to move even on his bed after this incident.
He and his family filed a law suit against the psychiatric hospital on in 2013. The defendant excuses that the nurse just put his foot on the patient’s head to stop his strong struggle. The defendant argues that the plaintiff can demand neither compensation for loss of earnings, since the patient would have never been able to work because of his grave schizophrenia nor compensation for future hospital fee, because the patient would have never been able to leave a hospital because of his grave schizophrenia, even if he had not been injured.
The court that deals with this case hesitates to hold an open court. The police once questioned the nurse but the police investigation has hardly proceeded. The competent authorities have not tried to investigate this case.
The video by an observation camera inside the seclusion room took the situation that the nurse kicked and stamped down the patient on the head. See Picture 1-2. And the two nurse tied to wipe up blood on the patient’s face just after kicking and stamping down.
Two orthopedic surgeons, one was an orthopedic surgeon who treated the patient and another was a professor of orthopedics of a medical university, analyzed the same that the patient’s cervical vertebra had been fractured by kick and stamp by the nurse and any other causes could not be found from January first to third inside the seclusion room, watching the video in that window.
There have been lots of incidents involving personal Injury and abuse in psychiatric hospitals in Japan. International Committee of Jurist visited Japan to recommend the government to take an effective action to protect and promote human rights for persons with psycho-social disabilities in late 1980s and 1990s. However numbers of incidents involving personal injury and abuse in psychiatric hospitals has not decreased so far.



**********************************************************************************


このような行為を、医療行為だといって憚らない石郷岡病院のモラル、誠意の無さ・反省のない態度に、決して容赦はしない!!



精神科病院では、このような暴力行為を医療行為と称し、また医療行為という免罪符のもと、今もなお行われているということに対し、徹底抗議します!!


気づいてください、知ってください。


これは対岸の火事ではないのです。








プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR