石郷岡病院事件 保護室 虐待行為 

弟が保護室(隔離室)にいた理由は、実は父が「排便、排尿訓練をして欲しい」といったためであって、衝動性・粗暴性著しく、叫んでいたなどでもなく、手に負えないから隔離室になったわけではございません。
それまでいた病棟はトイレがなく、四肢拘束されたままで、トイレがあるのはもっと症状が軽い患者のいる病棟か、隔離室しかなかったためのようです。





見辛いですが、S准看護師が足で弟の足(ふくらはぎ周辺)を踏みつけながらズボンを履かせています。


映像では暫く体重を乗せて、足を踏みつけながら、弟にズボンを履かせています。菅原准看護師は、弟の頭部・顔面踏みつけに飽きたらず、今度は足を踏み続けています。非常に悪意を感じますね!


これが、石郷岡病院の主張する医療行為だそうです。









<g6FBqXxrF94N9tw1405259879_1405260058.jpg




◯で囲ってある部分です。






今日、見たくはないけど、改めて石郷岡病院事件の暴行動画を見ました。

石郷岡病院は裁判の準備書面にて、さかんに「原告陽は粗暴性・衝動性が著しい」と主張していますが
どこが??と思います。石郷岡病院にとっては、ズボンを履く時に足をジタバタ(そこまで蹴っていない。どちらかというと、足を突張っている)することを粗暴性・衝動性著しいって言うんですね??
看護師に殴りかかったり、興奮して身の危険を感じるような所謂、粗暴で衝動的な行動を弟は取っていません。
そもそも、2准看護師に押さえつけられているんですよ??


おむつ替えの前もジッと布団に座っているだけでしたし。それをいきなり、布団も敷いていない床に引き倒されたんです。
それだけでも普通、怖いと思いますよ?その時4人くらいスタッフがいましたから(T、S准看護師の他に2名)
そして何故か、すぐにおむつ替えするわけでもなく、ズボンを膝までずり下げられたまま、寝かせられたまま強引に食事。
なにコレ??って映像を見たみなさんは異口同音におっしゃいますね。
人間扱いではありませんよ。みなさん同じ事されたら怒ると思います。虐待行為です。


足をジタバタさせることを石郷岡病院は「暴力行為」と主張しています。
T准看護師に腹部に体重を乗せられて手で「やめて」というジェスチャーしたことを(すぐにT准看護師に手を払いのけられています)石郷岡病院は「手で殴る」という表現をしています(笑)






石郷岡病院の準備書面(3)での主張

()は私のコメントです。

S准看護師は、衝動性・粗暴性の著しい原告陽に対してオムツの上にズボンをはかせようと無防備に屈んでいたところ、いきなり原告陽から左足で激しく顔面を蹴り飛ばされる暴力行為を受けたのである。(←足を突っ張って当たってしまったというのが妥当。まずT准看護師に膝で腹部圧迫をされ、身体を押さえつけられて苦しんでいる様子)
このような状況下で、精神科病院の男性看護師であっても、驚きや痛みのみならず
恐怖を感じるものである。(←恐怖を感じて執拗に顔面や頭部を蹴り、踏みつけ、弟のふくらはぎを足で踏み続けるんですね、恐怖を感じている割に随分、余裕の態度ですね。(苦笑)
再度暴行を受けないように防ぎながら、更なる衝動行為を何とか制御しようと思うことは通常の心理である。(←なるほど、その制御方法とやらが、執拗な頭部及び顔面踏みつけ、足を踏み続ける虐待行為なのですね。)
(中略)
上述のように、原告陽は足蹴りや手で殴るなどの暴行行為に至っており、再度の暴行を防ぎながら原告陽を抑止して看護行為(ズボンの着用)を行うために、原告陽の手足から離れた一で同人を抑えようと、S准看護師は暴行を受けると一番影響の大きい自身の顔面を近づけることに対する不安を感じて、一瞬、足で原告陽の頭を抑えたものと推測される。
(←膝で体重を乗せられて苦しいからやめてと手を出すことを=殴る、足を少しバタつかせているのを=足蹴り、粗暴性・衝動性著しいと断定し、菅原准看護師は恐怖のあまり今度は患者の顔面・頭部を踏みつけ、蹴ることを=一瞬、足で頭を押さえつけるっていうのですね、石郷岡病院基準では(苦笑)
(以下略)



もしも、このような行為が「医療行為」だと裁判で認められたら、非常に悪しき前例が作られることになります。

今後、看護師に蹴られ踏みつけられ、骨を折られ、酷い扱いを受けたとしても不問に付す、ということですから。虐待推奨とも言える。

そうならないためにも、断固、石郷岡病院を許すわけにはいきません!




私のブログとFacebookの連携始めました。でもまだ誰にも気づいてもらえていないようです…(汗)


私のFacebook←クリックすると私のFacebookに飛びます(多分…。まだ慣れていません)


みなさまのフォローをいただけましたら幸いですm(_ _)m





7/15追記





プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR