告訴状が警察で受理されました

無事、千葉中央警察署に告訴状を提出してきました(両親が)
私も行きたかったのですが、真夏は外出すら危険なため、極力外出は避けています。私事ですが、体温が37℃あるのもですが、昨年などは真夏、36℃という気温もあってか、庭で水やりをしただけで脈拍も上昇、脱力、全身の震え、筋力低下等が起こり瞼が腫れそれ以来治りません(バセドウ眼症?目が飛び出したりはしていませんが、眼の奥が痛いし、眼圧も上がったようで目の印象も以前と比べ変わった、きつくなった)



今度の刑事課長殿は前任と違い、親切な方のようです。



今日はじめて知ったのですが、実は、弟が亡くなる前に刑事課長殿が、弟の入院先にお見舞いに来てくださっていたようでフラワーアレンジメントもいただいたようです。



今日、刑事課長殿が「亡くなる前に息子さん(弟)に会えて良かったです」と仰ってくださったそうです。


警察の方でも、私達と同じ認識で、石郷岡病院の監視カメラ映像を見て、石郷岡病院が主張するような、ちょっと小突くや足で抑えるという認識ではないようです。



告訴状についても「この事件は告訴状を提出した方がいいと思います」と言って素早く動いてくださいました。


今後の詳細や、告訴状の内容については、今ここでは書くことができませんが、ようやく事態が進展してきたので私も少し安堵しています。
進展については公表しても差し支えのない状況になったらブログで記事に致します。





1日も早く、弟に犯人逮捕の報告ができる日が来ることを願っています。



_MG_6687.jpg
庭のバラ(ブルー・フォー・ユー)

プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR