スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石郷岡病院の主張する弟の粗暴性

最近改めて石郷岡病院側の準備書面を見なおしています。
まぁ、自分勝手な主張に呆れるばかりですが、過去の判例を見ると、裁判では恐ろしいことに病院側の主張が認められることが殆どと言っても過言ではないですね。
例えば物証もなく患者が看護師に暴力を振るわれて骨折したと訴えても、患者は統合失調症であり、虚言である可能性が高いなど。

今回の裁判においては、監視カメラ動画という物証があるため、そういった言い逃れはできない「はず」です。
私はいずれ何らかの方法で、この暴行動画をy◯u yubeなどで世間に公開したいと思う。
見るに耐えない動画ですが、みなさんがその動画を見ても、石郷岡病院の主張する軽く足で抑えた等の主張が通用するのか、世間に判断を問いたいと思う。
昨日も夫の兄が我が家に来た際、動画を見せましたが「うわうわ、やってるやってる。最低3回はやっている」
「これは完全に暴行してる、蹴ってる、踏んでる」と言っていましたし、今まで動画を見た方はみなさん同じ感想です。
石郷岡病院は、頚椎骨折と足で抑えた(暴行だが)とは因果関係がないなどと主張していますが、動画にはこのS准看護師が暴行している場面以外、弟は暴れたりしていません(看護師の意見書参照)。
そして石郷岡病院から救急搬送された翌日には一度、心肺停止になっています。つまり、それほどの、命にかかわるほどの重症状態であったわけです。
石郷岡病院側弁護士は、今まで精神科の暴行の裁判では、証拠もなく、何とでも言い逃れできてきたのが、今回の裁判では物証という覆し難い物証があるため、今度はいかに弟が粗暴であったか、という印象づける作戦に出ていると私は思います。

私は弟が粗暴ではないと思います、確かに石郷岡病院に入院するきっかけは、父を殴ってしまったことですが
それ以前~石郷岡病院に入院する2011年9月までの間、そういった暴力沙汰はなかったわけだし、石郷岡病院に搬送される際、部屋で寝ていたところ突然、3人の屈強な警察官(私服)に身動き取れないように運ばれたのですから、暴れるのは仕方ないし、これを以って粗暴性であるという証左にはならない。
石郷岡病院側は準備書面にて「興奮激しく車内で診察。臥床し数名に取り押さえられている」と書いていますが、ある意味、当たり前じゃないですかね。
精神科にかかっていない一般人だって、昼、自分の部屋で寝ていたら、突然に屈強な3人の男性に身動きがとれないように抑えられ拉致られたら怖いし抵抗しますよね。パニックになりませんかね?当たり前でしょう。
私が同じことをされたら、暴れるし抵抗しますよ、相当。そうすると私も精神疾患になってしまうのですか?(苦笑)

それから石郷岡病院は準備書面の中でいかに弟が普段から粗暴性・暴力性を有しているか羅列し列挙していますが、
根拠は石郷岡病院の記録で、これだって正直いって信ぴょう性に疑問を感じますけどね。いくらだって患者の不利に書けますし。
そして、仮に、普段から粗暴性があったとしても、そのことと、事件当日については関連性もないわけです。
なぜなら、監視カメラビデオには、弟が暴れている場面など写っていないのだから。
看護師たちが入室する前も、ずーっと、自分の布団の上に座っているだけ。
全く暴れていないわけです。そのことと、普段の粗暴性(石郷岡病院側主張)は全く関係がない。
だからいくら準備書面で「普段から粗暴性を有しており」と何度も書いても無駄。
その準備書面を見たあとに、暴行動画を見た人はなんて思いますかね?「あれ?暴れてないじゃん」「ずっと座っているだけじゃん」となる。石郷岡病院の主張する粗暴性はどこへ行った?
件の、看護師が入室したあと弟が足を突っ張った件も暴れているなんて思わない。「看護師に膝で腹を押さえつけられたら苦しいから、もがくに決まってるじゃん」「床に何も敷かないで、おむつ替えして痛いよね」「しかも、何も床に敷いてないから、看護師たちがおむつ替えする時、本人がズルズル動いてるじゃん」「ひでー」「なにコレ」となる。
暴行ビデオを見た方々はみなさん、こういう感想。
それでも暴行ビデオを見ていない方からはきっと、弟さんが看護師に本当は暴行しているのに、身内だから贔屓目に見て、暴行していないと言ってるのでしょう?と言われかねないから、監視カメラ動画を公開したいと思っています。
弟が本当に石郷岡病院の主張するように殴る、蹴るなどの暴行を看護師にしているのかどうか。
足をつっぱっS准看護師に当たったようには見えるけど、それが石郷岡病院の主張する殴る蹴るなのか?
膝を腹の上に体重を書けられて圧迫されて、苦しいから手を軽く出したことが殴るということになるのか?(この場面の時、見てる人に「これ殴ってるって石郷岡病院が言ってるよ」というと、みなさん「はぁ??」となります)
監視カメラ動画を見た方々は「そもそも仰向けにされて、もう1人に身体を押さえつけられて、どうやって暴れるの?」と言います。

監視カメラ動画には看護師がハッキリと蹴り踏みつけているのが確認できるにも関わらず、石郷岡病院側は足で軽く押さえる、一瞬抑えただの意味不明な言い訳しかせず、命を奪うことになったにも関わらず謝罪もなく開き直っている。
そんな病院が今日も何食わぬ顔で営業し続けていることについて、許せません。
北斗の拳にこんなセリフがあります。
「てめえらの血は何色だー?」

そしてS准看護師。告訴状を見て驚いた。私の母親とあまり年齢が変わらないじゃん。
告訴状には住所等が記載されています。
そういうのはブログで公表できませんけど(タイーホされたら新聞に載る?)
逮捕されれば石郷岡病院についても何らかの行政処分が下されるとは思いますが、千葉市にも公正な判断を求めます。


裁判ですが、早ければ年内に公判(公開)に移れるかもしれません(が、不確かです)
そうそう、Facebookは事情によりやめました(すみません。ブロックですかと問い合わせも来たのですが、閉鎖です)


私が10代の頃聞いていた(今も)DEAD ENDのEmbryo burning。最近再結成されたそうです。
(こちらはラルクのhydeがカバーしているバージョンです)私も弾きたい…



プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。