スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医薬品副作用救済制度 またもや不支給決定(4/2追記)

一体どうして…
医薬品副作用救済制度の不服申し立て審査結果は、またもや不支給決定でした…
不支給の理由は判定不能、前回と全く同じ。
この書類用意してください、これが必要と厚労省に言われるがまま、揃えた意味がなかった。
判定不能理由の1つに(石郷岡病院で暴行され)頚椎骨折をしたため)それ以前の状態がわからない、というものがあります。
その為に、千葉大でのレントゲン写真や、診断書も新たに取得し、普段の様子(ジストニアでこのように曲がっている)という写真も複数添付しましたがダメでした。
再審請求から1年半…
明かに薬剤性のジストニアなのに、副作用が認められないのは非常に悔しいです。
裁判同様、患者側への立証義務のハードルが高いと言わざるを得ない。
申請するにあたり、もしも副作用に対して認めない、消極的な医師だったら万事休すですよね。
もう再審請求はできず、裁判しかないため諦めるしかありません。
複数、裁判をするわけにはいきませんし。裁判は色々な意味でストレスが溜まります。
理由は敢えてここでは書きませんが。


4/2追記


IMG_9340.jpg
IMG_9341.jpg
IMG_9342.jpg



上記が厚労省から届いた書類です。

平成18年千葉大が余計なことを書いたこと(精神症状により生活動作が行えない可能性がある)
そして、事件直前まで入院していた石郷岡病院が所見欄に何も記載しなかったために(入院時、どの程度まで動作を行える等くらい、わかるはずですよね)
弁別できず、医薬品の副作用による傷害の程度を判別することが困難だった、ということですね。









ところで先日YouTubeにアップした、石郷岡病院の准看護師Sによる暴行動画ですが、おかげ様で閲覧数も数千と増えました。




※因みに、以前までこの准看護師の名前を実名で書いていましたが、石郷岡病院の弁護士から「クレーム」が来ましたw
まぁ、親交のある弁護士さんに聞いたところ実名で大丈夫だと言われたのですが(根拠も教えていただきました)
当方弁護士も警察への呼び出しを憂慮されていましたので、敢えて、イニシャルにしておきました。
私個人は、警察に呼び出しを喰らっても、一向に構わないのですがね。事実を話すまでです。
気が変わったら、また実名にします。このような凶悪犯に対し、配慮する必要はないでしょ~
現在も石郷岡病院へ通院されている患者さんがまた被害に遭ったらどうするの?奴はまだ働いていると患者さんのご家族が言っていましたし。凶悪犯を野放しにしている、石郷岡病院もイッちゃってるねぇ~。



ただ、やはり動画の内容が内容なだけに、批判の声もあることは事実です。
この動画の件は、父親も怒り心頭だったようです。
投稿前に相談すれば断固反対でしたから。私の独断で投稿しました。

このことで、動画を取り上げてくださった方にもご迷惑をおかけしてしまいました。
実は、ブログでこの動画をそのまま取り上げて欲しいとお願いしたのは私だからです。
私のブログは閲覧数も少ないため、もっと読者がいるブログで掲載いただければ、より多くの方に周知できると考えたからです(実際に弟の事件も、こちらのブログのコメント及び閲覧数は少ないが、取り上げてくださった方のブログでは閲覧数やコメントが多い)
この場を借りてお詫び申し上げます。
また動画を見てトラウマになった方、不快な気分になった方々(普通なるわな…)にもお詫び申し上げます。
弟にも謝らなければいけませんね。私は、弟の名誉よりも自分のエゴを取ったと言われても仕方がない。
このような精神科の実態があると、みなさんに知って欲しかった。
話には聞くが、本当にあるの?と思う方に知ってほしかった。
動画の責は全て私にあります。


来週は裁判期日です。
色々な意味で今から憂鬱です
原告不在の裁判に思えてきた…


そういえば先週かな、警察から連絡が来て捜査状況を教えていただきました。
S准看護師がなんと供述しているか、今やっている作業内容等。
話っぷりからは、多少希望が湧いてきますが、さぁて、どうでしょうか。
何しろ事件からもう3年以上経過していますからね。


それにしても色んなことは正直にこのブログには書けないですね~
被告側弁護士他、色々監視されているみたいだからね。
書きたいことが書けないって結構ストレスなんだよね、コレ


プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。