今日の夕方のテレ朝・スーパーJチャンネルで報道されます

先ほど連絡があり、本日夕方のスーパーJチャンネルでこの事件が報道されるそうです


※すみません、取材が殺到して大変な状況になっております。
コメントについて暫く返信を控えさせていただきます。
誠に申し訳ございません

読売新聞オンライン・佐藤記者の「新・精神医療ルネサンス」に弟の事件が掲載されました【動画再掲】

暴行ビデオあっても警察動かず
下記リンク↓


読売新聞オンライン 佐藤記者の「新・医療ルネサンス」

※記事本文は著作権関係のため読売新聞オンライン・ヨミドクター上記リンクからお読みくださいませ。










私は明日、警察に呼ばれていますので、進捗状況等をまた聞いてきます。
最近、色々と慌ただしくなってきました。それに伴い警察署に行く回数も増え事件解決へ大きく前進しているのかなという感触です。事の重大さにようやく、検事も気づいてくださったようです。


この事件の署名サイト

↑↑
ご協力お願いいたします!!




<速報>国連人権委員会 日本への勧告(精神医療編)

先程、当方弁護士からメールが届きましたので転載いたします。



昨晩遅く、自由権規約委員会から日本政府に対する勧告が発表され、急きょ翻訳して、本日午後、衆議院第二議員会館で、議員の出席も含めて記者会見を開きました。精神医療に関する勧告は以下のとおりです。



非自発的入院


17 非常に多くの精神障害者が非常に長期間、そして自らの権利侵害に異議申し立てする有効な法的な救済手段なしに非自発的入院を強いられていること、また代替サービスの欠如により入院が不要に長期化していると報告されていることに、委員会は懸念を表明する。(7条および9条)


国家は以下を行わねばならない



(a) 精神障害者に対して地域に基盤のある代替のサービスを増やすこと




(b) 強制入院は、最後の手段としてのみ必要最小限の期間、本人の受ける害から本人を守りあるいは他害を避けることを目的として必要で均衡が取れる時にのみ行われることを確保すること



(c) 精神科の施設に対して、虐待を有効に捜査し処罰し、被害者またはその家族に賠償を提供することを目的として、有効で独立した監視と報告体制を確保すること

(C)のところで、虐待を捜査し、処罰し、被害者又はその家族に賠償をすることを明示して指摘しています。

これは、◯◯さんの事件を踏まえての委員会の勧告であり、大きな影響を与えたと思います。





国連人権委員会(United Nations Human Right)

上記、国連人権委員会のホームページ内にある、弟及び日本の精神医療に関するレポートへのリンクです。



_MG_5278.jpg
庭のバラ(アルチュール・ドゥ・サンサール)

国連 人権委員会 速報

本日、国連人権委員会(自由権規約委員会)に出席している当方弁護士より連絡がありました。


今年は日本が審査される順番です。そのご報告です。


自由権規約委員会の日本政府報告に対する自由権規約委員から日本政府代表に対する質問がありました。その中で、欧州委員より◯◯さんの事件を直接指摘して、重大な人権侵害事件があり、しかも日本では、過去、60年にわたってこうした悲惨な虐待事件が続いているということに対して、日本政府はどのように対処するつもりなのか、という質問をしてくれました。また、アメリカ出身の委員も、日本の精神医療の強制入院の問題を特別に指摘して政府の対応を求めました。



また明日はプレスコンファレンス(プレスカンファレンス、記者会見の意)があり、再度詳細に公表する予定です。


続報は入り次第、掲載いたします。



IMG_8457.jpg

我が家のバラ(レーヌ・デ・ヴィオレ)

プロフィール

gunter75

Author:gunter75
このブログは姉である【私個人】がやっています。



●プロフ画像は、弟が薬剤性ジストニアになったあと、友人たちがリレーで色紙を書いてくださり、お見舞いの時にいただいたものです。



●医療法人 石郷岡病院を許しません!!
絶対に諦めません!!(2015/12/31現在、病院からの説明・謝罪等は一切ありません。2012/1/4以来全く接触もありません)


●事件の流れ
2012/1/1石郷岡病院の2准看護師が弟を暴行→1/2朝には病院側は異変に気づきながらも放置。診察もしていないのにも関わらずカルテに「著変なし」、1/3昼過ぎ救急搬送→1/4一時心肺停止するも蘇生→2014/4/28療養先の病院で息を引き取る→2014/4千葉県警千葉中央署捜査第一課捜査開始→2015/7/8石郷岡病院の暴行した2准看護師逮捕→2017/3/14 千葉地裁(高橋康明裁判長)は、正当な医療行為として田中氏無罪、菅原被告に罰金30万の不当判決(公訴時効成立の暴行罪)を下した→3/28検察が控訴

石郷岡事件・経緯←クリックすると経緯の記事を表示します




※拡散以外の目的で文章及び画像等を使用することは固くお断りいたします(個人様のブログ等で精神科への問題提起等のために使用することはOKです)
その際、当ブログのURLを貼っていただければ幸いです。

また、営利目的、金銭の絡む事案及びプロパガンダ目的での文章の利用・引用等もお断りいたします。


※当方は、いかなる団体にも属しておりません。

現在コメント停止中です

最新コメント

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

Flag Counter

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR